すきなもの

Cath Kidston大好き。ハンドメイド大好き。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産話

2009-07-07-Tue-08:30
少し時間が取れるようになってきたので、
自分へのメモとして出産話を残しておきます。
興味がない方はスルーしてくださいね。

予定日を1日過ぎた5/28日の朝3時半ごろ。

いつも、妊娠後期は夜中寝れないことが続いていたのでこの日も3時半ごろ、ようやくうとうとしたところでした。

トイレに行くとおしるしらしきものがあり、そろそろ出産も近いのかしらなんて思っていたら
定期的にお腹の痛みがきました。

もしかしてこれは陣痛かもっと思って、時間のメモを取ることにしました。
このとき10~15分間隔だったと思います。
まだ、耐えられる痛みだったけど、少々不安になり、隣に寝ている夫を起こしました。

これが陣痛なのかな~と思いつつ、わからないし、破水もしていないので、
次、いつ、お風呂に入れるか分からないこともあり、4時半ごろにお風呂に入りました。

夫は会社休もうか?っと言ってくれたけど、まだまだ耐えられる痛みだったし、当日は健診の予約が入っていたこともあり、午後休を取ってもらうことにしました。

午前中、痛みはあるものの、横になっていればなんとかなったので、一休み。
お昼に夫が帰ってきて、ご飯を食べ、もともとNSTをやる予定だったので、念のため、入院準備の荷物はすべて車に積み、少し早目に病院へ行きました。

病院について「おしるしがあり、定期的にお腹が痛いんですけど」
と伝えNSTへ。
今思えば、このときのNSTの状態を聞いておかなかったのがまずかったのかも。

NSTが終わり、診察へ。先生にも同じことを伝えるけどまだ、
前駆陣痛かもしれないし、初産だからまだかかるでしょう。
耐えられない痛みになったら病院へ来てくださいと言われて帰されました。

家に帰ってからも激しくなる痛み。
夫は朝早く起こしたのが疲れたのか寝てしまったので、私も休もうとするけどあまり休めず、だらだら過ごす。

夕飯の時間になったら今度は痛みとともに気持ち悪さが。。。
結局ご飯は食べれず、横になったり歩いたりして過ごす。

夜11時過ぎ、気持ち悪くて何度か吐いてしまった。
出産前に気持ち悪くなるなんて、何処にも書いてなかったし、これはなんなんだろうと思いながらも痛みに耐える。

そして、また、夫は眠くなったとお布団へ・・・(よくこの状況で寝れるよね~なんてちょっと思いましたが)

私はと言うと相変わらずの気持ち悪さでどうしようもなく、トイレ近くで座ってすごす。
きつい痛みがくると、歩いたりすると和らいだので、病院へ電話するのはまだまだかなぁと迷いながら痛みに耐える。

夜中の2時くらい、また吐き気が・・・
そしてまた吐いてしまう。

2時半ごろ、どうにも痛みに耐えられなくなり夫を起こし、病院へ電話。
診察しますので来てくださいと言われ、あわてて準備。

このころ、もう痛みがひどくて車に乗れない状態。なんとか頑張りつつ病院へ。
車で5分くらいの道がすごく長く感じました。

病院へ着いたのはたぶん3時頃。
車いすを用意されたけど、車いすに乗っていてもつらい。
何度か止まってもらいながらようやく診察室へ着く。

診察するので台に乗ってくださいと言われるけど、それすらできないくらい痛みがくる。
「痛い痛い」と言いながらも助産師さんは冷静に「まだまだ辛くなるから早く」
と言われ診察台へ向かう。このとき「だら~っ」と何かが足れる感触があった。

診察してもらうとどうやらさっきの感触は破水した模様。
子宮口6cm。
6時から9時くらいには産まれそうと言われる。
そして急いでまた車いすに乗り、陣痛室へ向かう。

服を着替え、NSTをつけられ横になるが、激しい痛みで、ものすごくつらい。
夫は両家の親へ電話。助産師さんは別のお産で出てってしまい、陣痛室一人になる。

数分後、夫がもどり、なんとか2人で呼吸を整えるけど、ぐいぐいと押され、いきんだら産まれそうな状態。
助産師さん、早く戻ってきて~っと心の中で思いつつ待つ。
NSTが終わり、助産師さんが戻り診察へ。
この時すでに子宮口全開。

夫の話だと頭が出てきてるとか言ってたらしい・・・

「いきみたいんですけど」と言うと、もういきんでいいよと言われる。
えっ、ここ陣痛室ですよ。それはいくらなんでもと思い、無我夢中で分娩室へ歩く。

分娩台に乗り、シートを敷いたりしてさあようやくいきめると思ったらまたしても助産師さんが機材を取ってきますとどこかへ・・・
(夫の話では部屋の隅のほうにいて準備していたらしいけど私にはわからなかった)

え~~~!もう産まれるよっと思いつつ、いきむ。
もう、絶対出てくる!っと3回くらいいきんだ瞬間、すぽーんっと誕生。
オギャーオギャーという声が聞こえる。

あっという間のことで私も夫もびっくりして、感動というより何が何だか分からず呆然。
助産師さんも「えっ産まれました?」っとびっくり。

子宮口全開になってから13分後の出産でした。(私の感覚ではホントに一瞬でした)

超安産だったのですが、そのせいでおしもは大変なことに。
ようやく先生がやってきて「派手に裂けたね~」っと言われながらチクチク縫われました。

安産だったので出産後も普通に会話ができたけど
先生、助産師さんともに
「経産婦さんでもこんなに早い人は珍しいですよ。次はホントに気をつけてくださいね」
と言われました。

実家の両親は夫から電話をもらってすぐに家を出たらしいけど、
病院に着いた時には間に合わず。
「もう産まれました」と言われビックリしたそうです。

教訓:陣痛は我慢しすぎちゃいけない・・・(笑)

ビデオも一眼レフもちゃんと別のカバンに入れて、
すぐに取り出せるように準備をしていたのに、夫はまさかそんなにすぐに産まれるとは思わず車の中に忘れてきていて(←いつもどこか抜けている夫、わざわざ分かるように用意していたのに)。
結局出産直後は私のカバンに入れていてたぼろいコンデジで写真を撮ったので、あまり写真がありません。まぁ、それも良い思い出ですね。

あんなにつらい陣痛も、やっぱり痛みはもう忘れてしまいました。

COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2009-07-07-Tue-16:03
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-07-08-Wed-07:02
そそ、出てきた瞬間すぐに陣痛から開放されちゃうもんね。
あれはすんごく不思議。初産だったら後陣痛もほとんど感じないしね。
っていうか、ほんとに我慢しすぎちゃったのね~
縫うの痛かったでしょう、かわいそうに・・・。
お産のときに気分が悪くなるのは私も知らなくてー
そういえば陣痛室で吐いた吐いたw
前回の日記で、大丈夫かなぁと心配でしたが、落ち着いてきてるようでよかったです。
母乳のプレッシャーは、ほんとに初産のママンにはかわいそうに思います。
よく頑張ってるなぁ、ってとっても感心しましたよん!

2009-08-19-Wed-09:43
>鍵コメさん
コメレス遅くなってしまいすみません。
お返事ありがとうございます。
女の子だとホント、キャスが似合ってしまい、欲しいものが増えて困ります。
鍵コメさんももうすぐ出産なんですね。

50時間以上とは、、、3日間ですよね。
それはそれはすごーい!ビックリです。大変でしたね。
尊敬します。
しかし男の人ってなんでそんな状況でも寝ちゃうんでしょうね。
私もその姿だけは一生忘れないと思います(笑)
これからも遊びに来てくださいね。

>ひよこちゃん
うちはつるんと出てきたのでほんと、陣痛の痛みはすっかり忘れてしまいましたよ。
お産で気持ち悪くなるのはほんと分からなくて。
自分の体は大丈夫なのかって心配になりましたよ・・・
母乳育児はボチボチ頑張っていて、ここ2週間近くはほとんどミルクなしで頑張ってます。
いろいろありがとうね。ホント、うれしかったです。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。