すきなもの

Cath Kidston大好き。ハンドメイド大好き。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check&stripe リバティキルティングジャケット

2010-12-07-Tue-14:15
リバーシブルキルティングジャケット
※クリックで拡大します。

C&Sのpebble×グレイッシュピンクコーデュロイのキルティングを使って、リバーシブルのキルティングジャケットを作りました。
パターン:C&S パターン100
久々の更新です。
ずっと作りたかったキルティングジャケットを作りました。
このジャケットを作るにあたり、リバーシブルで作りたかったのですが、かなり苦労しました。
ボタン探しについてはこちらの記事☆で書いたので参考にしていただければ幸いです。

リバーシブルにするには折り伏せ縫いにすればよいとsewing lessonで書いてあったので、ほぼ、折り伏せ縫いで大丈夫でした。
しかし、問題になるのは袖。
脇部分の折り伏せ縫いの厚みと袖を止めるとモコモコでミシンでは到底できず。
結局、まつり縫いをしており伏せました。
よくよく考えれば、折り伏せ縫いにする際にキルティングの縫い目をほどいて、中の綿をとったほうがよかったかなー。
ミシンでギリギリ縫えたという方もいましたが、娘のサイズ、90cmではちょっと厳しかったです。

また、メートラインが3mと書かれていたので3m買っていたのですが、水通しして縮んだせいか、足りなくなってしまいました。
幸いにも、もしかして足りないかもと思い、ポケット部分を後付けにしていたので、なんとかなりましたが、同じようにリバーシブルで考えている方は少し多めにメートラインを用意したほうがいいと思います。

あと、うちのミシンではポケットを表、裏両方で付けるとミシンが悲鳴をあげてしまったため、リバティ側はポケットなし。
ちょっと寂しいですね。

いきなり本番の布でやらず、練習してから作ったほうがよかったと思いましたが、なかなか時間が取れないので、まずまず可愛くできてよかったです。(布に助けられてますが)

次は親子お揃いのジャケットを作りたいな。

COMMENT



2010-12-08-Wed-07:29
こんにちは♪
先日はブログに遊びに来てくださってありがとうございました!
早速ワタシもC&SさんのBBSから飛んで参りました~♪

リバーシブルでと~っても可愛いですね!!
いちごアリスさんのグレイッシュピンクはちゃんとコーデュロイになってたんですね~、羨ましいです。

家庭用ミシンではやはり限界ありますよね・・・
私も脇の下の折り伏せ縫いに苦戦しました。
あの厚みはどうにもならず、脇の下だけまつり縫いしました^_^;
職業用がやっぱり欲しいなぁ。。。(*^_^*)

ホックをどうされたのかな~と思ってたら、ismさん以外でもあるんですね。
私はismさんで買っちゃいましたが、こちらのバネホックとやらも良さそうですね。
今回はメートラインを使われたのですか?
私はコーデュロイのバイアスを使ったのですが、コーデュロイだと厚みがあってバネホックは無理かも。。。
リバーシブルにする際にはメートラインにしてみます!

リバティのキルティングはキルトの縫い目が緩みやすいので縫うのに緊張しませんでしたか~?
気合と気力が無いと作れないので、一着目を作った勢いが衰えないうちに・・・と思って
昨日、グレイッシュピンクの方も仕上げちゃいました(*^_^*)

いちごアリスさんの親子お揃い、楽しみにしています♪
また遊びに来させてくださいね~。

Re: タイトルなし

2010-12-08-Wed-19:06
*teku*さん
遊びに来ていただいて、ありがとうございます。
私のは東京に旅行に行った時に買ったんです~
*teku*さんのは今回は残念でしたね。
ホント、C&Sさんを信頼していただけに、残念な気持ち、すごくわかります。
もうすこしちゃんと検品していただけるといいのですが…

脇の下の折り伏せ、私も苦労しました。
今のミシンを買う時、本当は職業用が欲しかったのですが、お店の人に家庭用を勧められて…
当時、まだロックも持っていなかったので、ジグザグのある家庭用にしたのですが
やっぱり職業用にすればよかったとすごく後悔してます。
当時ならまだ日本製の職業用ミシンがあったのに…今はもう中国製に代わってしまいましたからね。
でも今でも私も職業用ミシン欲しいです~

バネホック、ドットボタンより開けやすくていいですよ~
バイアスのほうが厚みが出るかな~?メートラインのほうが厚みがありそうな気がしたのですが。
まだ、バネホックの余りがあるので、ちょっと時間がある時に実験してみますね。

キルティングは確かにどんどんほつれてきますよね。
今回、周りをすべてロックでかがったのですが、やっぱり緊張しながら作りました。
私、ボタン待ちですっかり自分用の気合いが無くなってしまいました(汗)
*teku*さん一気に作られて素晴らしいです~!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。